飛助mini に関してはお問合せを!

飛助mini
農業用農薬散布ドローン

低燃費  コンパクト 4つのグレード

希望小売価格 540,000円~(税抜)

※飛助miniには4つのグレードがあり

内容・機能が異なります。

詳しくは下記ページをご覧ください。

5Lでも1ha 散布できる低燃費

コンパクト、軽量でも散布性能向上

4つのグレードで最適な機体が見つかる

ハイクオリティを圧倒的な価格で。

「農業用ドローンは大規模圃場のものだ」と言われていた。
そんなドローンを多種多様な作物を生産する中山間地で使用するには、価格が安いだけではいけない。アタッチメントの付け外し、アシスト機能の充実、薬剤ドリフトの低減、飛行時間の向上、コストを抑えるための耐久性。このような様々な問題をクリアしなければ、本当に中山間地で利用しやすい製品はではないと考えました。
そんな常識を覆したい想いで、この飛助miniを開発しました。

バッテリーは少なく。飛ぶ時間は長く。

小型の農業用ドローンといえどバッテリーは高価。中山間地でバッテリーコストを回収するのは至難の業です。そんなバッテリーをできる限り少なく運用するには、1つのバッテリーでの作業面積の向上が求められます。
飛助miniの動力になるブラシレスモーターは、最大瞬間推進力が48kgの強力なパワーで、24inchの大きいプロペラを組み合わせ、低回転でトルクのある飛行をします。薬剤を搭載しても電力消費量は大きく変わらず、1つのバッテリーでの散布面積向上に繋がりました。

1フライトで60aの圃場をカバー

日本の無人航空機農薬は8倍希釈の高濃度な状態で使用します。そうすることで、たった5Lの容量でも最大62.5aまでの圃場を一度で散布することができます。
国内の多くの農地は、5Lもあれば効率的にコスパも良く農業用ドローンを利用でき、大型機と変わらない散布幅も確保しているので、圃場内でのUターン回数を減らすことができます。

機体はminiでも、散布性能向上を達成。

機体重量を軽くすればするほど、ダウンウォッシュ(降下気流)が弱くなり、風の影響を受けやすくなります。
そこでフレーム構造を一般的な〈X〉の形状ではなく、小型でも充分なダウンウォッシュを確保できるように〈十〉の構造にしました。そうすることで、前後進でも変わらなく機体の75%のダウンウォッシュを利用することができ、横風に強くドリフトを低減することができます。
また24inchと大きなプロペラを使用することで、ダウンウォッシュの到達距離が伸び、作物の根元まで薬剤を散布することができます。

中山間地で便利なモード

■自動飛行モード

タブレットやモニターを使用することなく直感で自動散布飛行が可能です。全方向移動、散布装置のON・OFFも全自動。前後移動時だけ散布装置がONになり、ホバリングと横移動は散布装置がOFFになるので薬剤を的確に散布できます。
※ベーシックには付属しません。

■直進アシストモード

タブレットやモニターを使用することなく直感で自動散布飛行が可能です。全方向移動、散布装置のON・OFFも全自動。前後移動時だけ散布装置がONになり、ホバリングと横移動は散布装置がOFFになるので薬剤を的確に散布できます。
※ベーシックには付属しません。

飛助の優れた頭脳

最新の制御装置は、液体が揺れても瞬時の判断で安定飛行を継続します。2つの気圧計とコンパスを装備し、センサーに不具合が生じてもフライトを維持し安全性・信頼性を高めています。
操作性も大幅に向上しゆったりとした動作のため初心者でも落ち着いて操作することができます。自動制御により高度・位置・スピードは一定に保たれ、送信機から手を離せば自動でブレーキをかけてホバリングを開始します。

タフで信頼できる推進部品

動力になるブラスレスモーターやESCは、農薬や水、ほこりなど過酷な労働条件でも最高のパフォーマンスを発揮できるように、防水防塵加工や内部冷却機構で構成され、メンテナンス性も優れています。
さらに高強度炭素繊維で製造された24inchプロペラは、薬剤を積載した状態でも消費電力を削減するための組み合わせにより長時間フライトが可能になりました。プロペラは取り外すことなく、折りたたみ収納することが可能で現場作業を大きく削減することができます。
また高輝度LEDが内蔵され、〈前=赤・後=緑・横=白〉で点灯し機体方向を目視で遠い範囲まで確認できます。

現場で交換。使い方は無限大。

飛助miniは、液剤農薬はもちろん、粒剤散布装置や肥料・豆粒散布装置※もあっという間に交換することができます。
ピンを引っ張りながら散布装置をスライドさせると簡単に脱着が可能です。もちろん、飛行時に散布装置が落下しないように、ロックされていて外れることはありません。

■こだわりのノズルメーカー

飛助miniにも、農林水産航空協会の認定機である飛助MGと同じlechler社ノズルを使用しています。1分間の吐出量に対して適切な角度と粒形で散布できます。アフターパーツにも優れ、ノズルの部品交換にも対応でき、いつでも清潔に適切に使用することができます。

■折りたたみでさらに小柄に

4本のアームは全て折りたたむことができます。その大きさは助手席にでも置けるほど小さく6kgとすごく軽いので、女性でも簡単に持ち運びすることができます。プロペラも折りたたむことができるので、現場での作業は全て広げるだけで完了します。

■大口径の薬剤投入口

大型機と同様の大きな投入口になったことで、タンク内の清掃が容易になり、円錐形の形状をしているので残留農薬を削減します。標準で大型ストレーナーも付属するので、液体薬剤に混入している不純物も簡単に取り除き、清掃も容易になり作業効率を向上させます。

■機体のステータスを一目で

キャノピーの背面にはLEDモジュールが備えられ一目で機体の状態を確認することができます。横面からの視認性も向上したため、準備作業時の確認も見やすくなりました。

安全装置

  • 飛行禁止空域制御
    空港などの飛行禁止空域で飛行しないように離陸時モーターが回りません。
  • 通信切断時自動着陸機能
    送信機と機体の通信が切断した場合は、自動着陸モードに入ります。
  • 範囲外飛行禁止機能
    離陸地点から半径300m、高度50m以上は飛行できません。
  • 緊急時非常停止機能
    飛行中に危険を回避せざるえない状況になったとき、モーターを停止します。

グレード比較

  • ベーシック
    たくさんの機能はいらない。とにかく安く抑えたい。そんな方にオススメ。
  • アドバンス
    自動飛行や直進アシスト、その他のサービスも含んだ充実のパッケージ。
  • アドバンスG
    粒剤薬剤しか散布する予定がない!そんな方に不要な液剤装置を外したパッケージ。
  • プロ
    液剤・粒剤装置をセットにしたお得なパッケージ。同時購入の場合お安くなります。

飛助miniスペック

対角モータベース
900mm
寸法(プロペラ含まず)
990×990×548[広げた状態] 515×585×548[折りたたんだ状態]
モーター外径
70mm
プロペラ
24inch
LED
高輝LED 前・赤 後・緑 横・白
バッテリーサイズ
165×120×55
バッテリー重量
2.4kg
バッテリー容量
178wh 22.2V 35C Li-Po
タンク容量
5L
動作ペイロード
5kg
ノズルチップ
レヒラー社 ST ボタ落ち防止弁付き
タンク材質
ポリエチレン
ノズル数
2個
散布幅
4m
最大散布量
1L/分
ポンプ最大流量
4L/分
1回散布最大面積
62.5a
総重量(バッテリー含まず)
6.2kg
総重量(バッテリー含む)
8.6kg
最大離陸重量
13.6kg
最大ホバリング時間
18分
最大搭載重量
5kg
最大使用風速
8m/s
最大飛行速度
30km/h
最大到達高度
50m
最大飛行距離
300m
電波到達距離
1000m
使用可能温度
5~40℃
送信機
送信機機種
ベーシック FUTABA10J アドバンス・プロ FUTABA12K
動作周波数
2.4GHz
最大伝送距離
1000m
受信機
R3008SB
モニター
128X64ドット
充電器
外寸寸法
272×202×118.6mm
重量
4.88kg
入力電源
100-240V
総出力電力
1080W
最大充電電流
20A
充電時間
20~40分